カワサキが好きだ。 Mです。

前回、Myオフロードブーツの紹介をしましたが、初めてのブーツは慣れないことばかり。
IMG_20150618_223720

・足首固定+ステップとチェンジレバーの間にブーツが入らず、シフトチェンジが思うようにできません。
・足首固定+ブレーキレバーがペダルより上を向いており、そのままでは踏み込めません。
以上を解決するためにパーツ交換・調整を行いました。

シフトペダル
まずはシフトペダルの調整です。
まずは純正状態はこちら。
DSC_0476
とりあえずステップの厚いラバーを外しましょう。
普段使いでスニーカーとかには優しい仕様ですが、厚いソールのブーツには操作性の劣悪化にしかなりません。
裏のボルトを外して引っ張ると取れます。
そしてペダルも根元のボルトを外して上方に調整。
DSC_0477
これが調整後の写真です。ご覧の通りギリッギリです。
(前情報ではクランクケースに接触するはず。。。)
これでもクランクケースと1mm以下ですがクリアランスがあるのでシフトチェンジはできる?

そこでこんなものを用意。
IMG_20150627_113324
兄貴分のKLX250の純正シフトレバーです☆
ヤフオクにて1000円ほど☆☆
DSC_0478
左がKLX125、右がKLX250のシフトレバー
外への曲りがKLX250のが大きいのが分かりますかね?
これをポン付け移植してやると・・・
DSC_0479
ジャジャーン☆
クランクケースとのクリアランスたっぷりで好きに調整できます!
しかもKLX125のとは違い、倒可式なので倒れてもグイッと曲がって重症化を防げます。
これは断然交換をおススメですね。
交換後はブーツでも問題なくシフトアップ、シフトダウンができるようになりました✌


ブレーキペダル
お次にブレーキの調整。
こちらもラバーは取っ払いましょう。
DSC_0526
ラバーをとるとステップよりペダルが高いのが分かります。
このままでは足首固定のブーツではスタンディング時にブレーキが踏めません。
なのでブレーキを下げてやります。
BlogPaint
赤まる下側のボルトを緩め、上側ラバーに隠れてる10mmボルトを回してブレーキレバーが下がるように調整します。
調整後はこうなります。
DSC_0528
調整後↑ ↓調整前
DSC_0526
ブーツのつま先がちょい当たる程度で不意に踏み込んでしまわない位置に調整したらOKです。
調整も下げ過ぎるとブレーキが点きっぱなしになるので、その場合はブレーキレバー真ん中に繋がってるフックをつたっていくと黒いブレーキランプの調整部分に繋がっているので調整してランプの点灯チェックもしましょう。


これがシフト&ブレーキの調整です。
これでオフロードブーツでも不安感なく走行できます。

小話ではありますがKLX125はタンデム走行をするためのタンデムペダルを付けるためにステップがオフロードバイクにしては前方にあります。
これをいい感じにするためにステップのステーを逆向きに取り付け、
・セロー225Wのシフトチェンジレバー
・KDX125のブレーキペダル(+ブレーキクレビス)
を加工・流用することでオフロードバイクらしいステップ位置にバックアップにできるそうです。
このへんは調べればパーツもヤフオクで安く手に入るため、カスタムの参考になる情報は難なく見つかるかと。
いつか自分のKLXにもチャレンジしようかと。。。


少しずーつKLX125を自分なりに乗りやすくしたところで林道ツーリングにも行ってきました!
次回はそんなお話を☆

では。